新たな取り組み

「翠会ヘルスケアグループ」では、開業以来、精神科医療および高齢者医療・介護に的確に対処すべく、常に社会のニーズや国の施策の動向などを見極め、事業を展開してきました。

チーム医療

精神科の治療は、患者さんを全人的に捉えることが大切、との考えより、1960年代(昭和40年代)後半よりケースワーカーや作業療法士の採用を開始しました。職種を問わず良質なチームが組める、現在の気風につながっています。

地域対策

1980年代(昭和60年代)より、患者さんが地域で暮らせることをめざし、様々な地域対策を行い、長期入院患者さんの在宅などへの退院に成功してきました。国家レベルでは、退院促進はあまり進んでいないのが実情です。

また、高齢者医療・介護の分野でも小規模多機能施設やサービス付き高齢者向け住宅など、新規の事業に積極的に取り組むなど、患者さん・ご利用者、および、ご家族の皆様のニーズによりきめ細やかに対応できることをめざしています。

IT技術の活用

2003年(平成15年)と、精神科としてはかなり早い段階で電子カルテの開発および導入を行いました。スタッフが容易にカルテ情報にアクセスできることから、チーム医療に大きく貢献しています。

ISOの導入

患者さん・ご利用者、および、ご家族の皆様の満足度の向上を目的に、2008年(平成20年)、「成増厚生病院」に、第三者機関による医療機能評価認証であるISOを導入しました。業務に透明性が出ることで、サービスの質の向上に役立っています。今後、グループ内の他病院でも導入を予定しています。

これからも、より良い精神科医療、高齢者医療・介護のサービスが提供できるよう、時代の先を見据えたサービスを提供いたします。